娘を持つ父親の心配のタネは尽きない

兼業主夫改め料理担当のにこぱぱですこんにちは。

(自称)兼業主夫なので、当然育児もやってます。

遅かった今朝の登校メール

4月5月の『行き渋り』から安定して登校出来るようになった娘ですが、今朝はパパより早く家を出たのに、登校メールが来たのが40分後。

登校メールがなかなか来ないと私は基本的に

「途中で事故に巻き込まれた?」

という心配でなはく、

「(何かが原因で)途中で行きたくなくなった?」

と思ってしまいます。

女の子だもんね

日曜日に『ZARA』で買ってもらったTシャツとデニムのパンツ。

前日夜から

「明日着ていくーっ!」

と。

ノリノリで。

パパは朝ね、

「今日は暑いから長ズボンはやっぱりやめた方が良いんじゃない?」

とアドバイスしたんですよ。

でも聞く耳持たずで登校していきました。

人は多かれ少なかれ外見を気にします。

特に女性は『カワイイ』や『きれい』など、外見を着飾る為なら多少の辛さを我慢しますよね。

(踵や足の指にばんそうこうを貼ってまで気に入った靴を履いているママに、「そのばんそうこうは見た目NGじゃないの?」と突っ込みたいのは内緒)

ウチの娘も例外なく女の子でした。

暑いの我慢するみたいです。

パパの心配の行方は?

結果から言いますとどうやら、

[デニムのパンツが暑すぎて我慢出来なくなり、登校途中で着替えに戻った]

という事のようです。

遅刻の理由がそれかいっ!!

心配のタネが『行き渋り再発?』から『我慢が出来ない娘の今後』に変わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です