娘に残す料理レシピ’180131晩ご飯【オイル系パスタ】【白菜のスープ】

Nicoへ

この日の晩ご飯はパパお得意の麺料理:パスタでした。

多分コレといった具がなかったからか、「パスタには燻製した加工肉!」という固定観念からなのか、ウィンナー使用です。

この頃パパはウィンナーとベーコンを使う時は必ず、熱湯で3分茹で、さらに水洗いしてから使っています。

その理由は、熱湯にくぐらせたり一定時間煮て食品添加物を除去するためです。

「有毒なモノは出来るだけ体内に取り込ませない!我が子を守る。それが親の務め。」

と思っていたからです。

実際はどうだったんでしょうね?

君の今の体調はどうですか?

さて、この日のレシピです。

◉オイル系パスタ

パスタを茹でる

・フライパンで絡める間にも火が通るから、指定時間よりもちょっと短めに茹でてね

・塩分濃度は海水の感じくらいが良いらしいよ→八丈の海の味を思い出してw

ニンニクをオリーブオイルでじっくり炒め(弱火低温)、香りが立ってきたらウィンナーを入れ更に炒める。

(途中、アンチョビペーストを小さじ1杯くらい入れてね。隠し味です。)

茹で上がる1分くらい前に、お玉1杯くらいの茹で汁をフライパンに注いで乳化させます

(大事な事だから太赤文字で書きました:『乳化』とは本来混ざりにくい油と水を混ぜる事だよ)

・これをしないとパスタにソースが絡みにくいらしい

茹で上がったパスタをソースと絡めて出来上がり

(この時は乾燥バジルも絡めてます)

「茹で汁を入れて乳化を」なんて書いたけど、この情報は実は受け売りですw

でも確実に言えるのは、

「煮汁で味付け出来る!」

という事ですw

◉白菜のスープ

(黄緑見難いな)

味付けはおそらく塩豚(からの塩気)と顆粒コンソメかな?

お好みで!

ここでパパが言いたいのは、

この白菜は爪楊枝利用で結構長持ちしている!

という事。

(お正月明けにお山のおばあちゃんに貰ったヤツだから)

白菜やキャベツは、芯に3本、3角形を描くように楊枝を刺しておくと腐りにくい!!

という事。

(この頃はテレビでも料理本でも、その他あらゆる媒体で評判になっていたネタ)

実際そうだから!

試す価値あり!

です。

(君が大きくなる頃には当たり前の事になっているのかな?だって100均でもそれ専用のキッチン用品が販売されていたからねぇ)

 

◎昨日今日の君

今日は昨日買ったすみっこ暮らしの傘を差して登校したんだよ。

目立たないところに名前を書いたから、ずーっと嫌な予感を拭い切れずにいたパパでした。

「今夜のご飯は何にしようかな?」と考え中です。

パパより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です