20190429沖縄風そば(コリコリととろとろの狭間)

GW前半。

娘のお友達が2人もお泊まりに来て。

みんなラーメンが好きなので、たまたま買ってあった豚軟骨を圧力鍋で煮て【沖縄(風)そば】を晩ご飯に作りました。

豚軟骨の味付けは麺つゆ:水=1:3

圧力鍋で20分煮て、自然減圧。

軟骨のコリコリと豚バラのとろとろ。

絶妙!

スープは顆粒の鰹節ダシと創味シャンタン、ラード、塩、醤油。

何度も味見して調整したので、クチビルがしわっしわですw

(毎回思う、レシピの大切さ。)

でもでも、小2は軟骨食べない?

お友達2人共、軟骨だけ残しました泣

娘は大好きなんだけどなぁ。

ちなみにこれは4月初めに作ったモノ。

1月に2度作るとは思わなかった。

娘に残す料理レシピ’180204【なんちゃってソーキそば】【煮たまご?】

Nicoへ

この日の晩ご飯は【なんちゃってソーキそば】でした。

君は「何?なんちゃってって?」とツッコむかな?

ソーキと言いつつスペアリブなのかどうかわからない(軟骨付き豚肉)のと、麺がね、ソーキそばの麺じゃないんだよ。

手に入りにくいし、何よりあのボサボサ感がパパはあまり得意じゃない。

沖縄料理店に行って、

「確かにソーキそば用の麺の方がThe沖縄なんだろうけど、裏メニューで中華麺で作ってくれないかなぁ。」

といつも思います。

今回はちょっと手間がかかります。

(難しくはないよ)

ちなみに、この時点でパパは沖縄行った事ないです笑

なんちゃってソーキそば

圧力鍋で軟骨付き豚肉を茹でこぼします。

*茹でこぼすとは・・・食材を水から煮て、沸騰したらお湯を捨てる事だよ。これをすると、アクや、臭い、ぬめりや余分な脂が抜けて、味が染み込みやすくなり出来上がりがスッキリします。

余裕があれば水やぬるま湯で肉を洗うと尚良い(こびりついたアクを取る)

改めて圧力鍋で茹でこぼした肉を茹でる。味付けは麺つゆが便利。『煮魚・煮物』の希釈がオススメ。

茹で時間は適当です。

圧力鍋買うとレシピ集が付いてくると思うんだけど、それを参考にしてね。

スープを作る。

中華だし、かつおだし、昆布だし、日本酒、塩、醤油、ネギの青い部分、にんにく、生姜がパパが使う主な材料です。

分量は適当。

毎回味が決まらず味見ばかりして、唇がシワシワになってました笑

参考程度に一応書いておくと、

・水:どんぶり2杯くらい

・中華だし:大さじ1くらい

・かつおだし:小さじ2くらい

・昆布だし:小さじ1くらい

・日本酒:大さじ1くらい

・塩:小さじ1くらい

・醤油:小さじ0.5くらい(味が締まります)

・ネギの青い部分:あれば

・にんにく:半欠け

・生姜:(チューブで)小さじ1くらい

てな感じです。

適当過ぎてしょっちゅう味見が必要なので、唇がシワシワになるんですねぇ。

*ラーメンのスープはかつおだし:小さじ1くらい

*ソーキそばはかつおの香りが高い方が、それっぽい

茹でた麺のスープを注ぎ、煮軟骨他、トッピングを飾って出来上がりです。

紅生姜と、かまぼこ(さつま揚げ?)は必ず載せてください。

(デフォです、デフォ!)

コーレーグースー(青唐辛子の泡盛漬け)をちょっと垂らすとぐっとソーキそばに近付きます。

煮たまご?

なぜ『?』が付いているのか。

答:煮汁に漬けるだけで決して煮てないから

ゆでたまごを軟骨の煮汁で一晩以上冷蔵庫で漬けてください。

 

昨日宿題終わらずに寝ちゃって朝する事に。

寝起きが悪く、アドバイスをしたパパを睨んで暴言を吐いた事は、ママには内緒にしておくよ。

パパより