娘誕生する

ブログの更新がパタリと止まっている兼業主夫改め料理担当ですおはようございます。

めっきり寒くなってきましたねぇ。

『めっきり』って何?ってので1記事書けそうだけど・・・

悩み・子育て関係ないからなぁ笑

まぁ実生活では悩みは尽きないのですがブログに取り上げるほどでもなく・・・。

娘、産まれました!

7年前ですけどね笑

夕方でしたね。否、充分夜か。18時25分。

立ち会い出産だったんですけど、あの日は人生の中で1番、すべてのモノに感謝した日でしたね。

何もかにも許そう。

中学時代、私をいじめた人達も、パワハラちっくなブラックに近いグレーな会社も。

と、そのくらい神々しいと言うか生命の神秘と言うか・・・感動的なモノでした。

娘の結婚式で200%泣く自信がある!

子を持つ親であれば生まれてからの写真、数限りなく残してますよね?

私も世の父・母の例に漏れずたくさん撮ってきました。

スマホのメモリもほとんどが娘の写真ばかりです(最近は料理関係のも多くなってきたなぁ笑)

iphoneに付いてる『思い出写真館』的な機能もしょっちゅう見てはニヤニヤしたり涙ぐんだり・・・。

ママの撮り溜めている写真も含めたら、娘の結婚式の新婦の紹介VTRは三日三晩不眠不休で見る事になり、ゲストの皆さんはぐったりしてしまうでしょう笑

私も浴びるようにビールを飲まないと干からびてしまいそうです笑笑

というか、それだと酔いつぶれて見れないか?

娘、誕生日おめでとう!!

早いもので娘が我が家に生まれきてから今日で7年。

結構早い段階で一緒にお風呂に入ってくれない様になってしまいました。

「パパはすぐ怒るからヤダ!」

ともしょっちゅう言われます。

最近は朗読の宿題も

「パパは必ずダメ出しするから聞かれたくない!」

なんて事も。

叱られて、ものすごい目でパパを睨む事も増えてきました泣

それでもパパはめげずに全力で君を愛しています。

これから先も必ず君を守ります。

7歳の誕生日おめでとう。

DCF00018.JPG

 

悩ましい今日の弁当20171002【弁当作りのアイデア】

娘が久しぶりに学校に行き渋って朝から難儀した兼業主夫改め料理担当にこぱぱです。

今日から通う事にしたダンスの新しいクラスもいきなり行き渋ってます。

どうやって、何と言って不安を取り除いてあげようか・・・悩ましい。弁当よりも。

今日の弁当


  • おにぎり(塩海苔・ゆかり)
  • 茹で玉子
  • ウィンナー
  • きゅうりたたき
  • ミニトマト

今日のアイデア

◯コンビニの『おにぎり弁当』のイメージ。

今日の悩ましい

正直今朝は全く作る気がしなかったので、こんなのでお茶を濁しましたよ。

今日のその他

私は「ガンバレ!」という励ましはストレスでしかないと思ってるんだけど、今の娘にかける言葉がコレ以外思いつかない。

「娘、ガンバレ!」

約束を破った時、何をどう話したら良いのか?

ご飯をあまり食べない。

→好きな物はしっかり食べるし、そもそも腹が減ればなんだって食べるし、そんなに悩む事でもないのかもしれない。

 

食べる姿勢が悪い。

→『格好悪い』『恥ずかしい』事が理解出来れば(させれば)自然と治っていくと思う。

 

宿題をしない。

→私もそうだった。でも大人になってもなんら困った事は無かった。

宿題はなんの為にするのか?

授業内では習得しきれない事の補完?

 

お風呂が嫌い

→面倒臭くても不潔が嫌なら入るようになるだろう。

 

消極的

→性格です。

 

などなど。

 

 

日々娘の事で悩しい事は数々有れど・・・

今回のは参った。

親との約束を破ったのだ。

友達と遊びたくて学童を休んだのだ。

しかも親に許可も取らず勝手に。

(正確にはママには許可を取った。但し学校を出てから。パパに電話すると叱られる(断られる)のが予想出来たから、娘に甘い(断らない)ママにだけ電話した。)

学童に顔も出さず、先生から電話が来た。

「今日はお休みですか?」

と。

学童の先生に心配をかけた。

電話を貰った私も心配した。

 

 

4月に入学していきなり『行き渋り』が始まった。

学区外の保育園を卒園したので友達が居ない。

友達さえ出来れば解決すると思った。

運動会を境にクラスに打ち解ける事が出来て、『行き渋り』が改善した。

そんな事も有り、「一緒に遊びたい!」と思える友達が出来た事は素直に嬉しい。

この先もいろんな友達といっぱい遊んで仲良くなって、それこそ『生涯の友』と呼べる友達も出来る事だろう。

また、そういう縁というか、大事な友達を作って欲しいとも願っている。

 

でも。

でも。

ソレとコレとは話が別で。

誰かとの約束を破る子(人)にはなって欲しくないのだ。

約束を破ってまで自分のしたい事、やりたい事(つまり欲望)を優先するような人には成って欲しくはないのだ。

約束を破るような人は誰からも信頼されない。

せっかく出来た友達も約束を破るような人からは必ず離れていく。

そもそもそんな人とは誰も友達に成ろうとは思わない。

 

 

帰ってまず、娘に事の経緯を聞いた。

パパもママも学童に先生も、皆んなが心配した事を伝えた。

今後、同じようなシチュエーションになった時どうするのが良いか話して聞かせた。

努めて冷静に。

娘は理解しただろうか?

私は『約束を守る事の大事さ』をうまく伝えられただろうか?

正直自信がない。

悩ましい。

 

2学期スタート!!

兼業主夫改め料理担当ですこんばんは。

娘の初めての夏休みが終わり、いよいよ2学期が始まりました。

 

兆しは有ったのかも

夏休み最終日は雨でした。

この日娘はちょっとセンチメンタルな気持ちになったのか、

「今日は雨だから学童まで一緒に行って欲しいモゴモゴ」

と口をおちょぼにして。

(パパが平日に送るのは、今日で最後になるかもしれない)

という思いと、

(やはり2学期が始まる不安から『行き渋り』再発?)

という思いが同時に湧き、当初は1人で行かせるつもりだったのですが、一緒に歩く事にしました。

道中、

「明日から2学期だけど、一人で行けるかな?」

と問いかけると、

「行けるよ~!いつも1人だし。」

と明るい返事。

「ママと一緒に行ってるんじゃないの?」

「1人で行ってるよ~。」

受けて私は

「なら大丈夫だね。行けるね~。」

と背中を一押し。

頼もしくなったもんだ。

 

(もうすでに遅刻だけど)出勤時間が気になる私はちょいちょい

「ここまででもう行けそうかな?」

と聞いては

「ダメ~!」

と言われ、結局終点学童まで。

 

ちょっと躓いちゃったね

始業式当日。

バタバタしながらもなんとか送り出した。

「急げばお友達まだ居るかもよ。」

とママ。

 

玄関のドアを閉めて数秒後。

「ピ〜ンポ〜ン」

チャイムの音。

ママが出てみれば、娘が戻って来てた。

「(マンションの)廊下に他の子がいっぱい居て怖いから一緒に行ってモゴモゴ・・・(ちょっと泣きそう)」

と、私にはそう聞こえたけど、ママには

「お友達がもう居なくて(1人で行くの寂しいから)一緒に行って。」

と聞こえたみたい。

「急げば追いつくって!」

と勘違いしたままのママ。

「ちーがーうーっ!!人がいっぱい居てヤなの!!」

ママにはちょっと理解し難い事なのか、

「?(いっぱい居て嫌?)」

となってる。

 

丁度私が家を出るところだったので、ゴミ置場まで一緒に。

向こうに1年生の子達を見つけた。

「向こうに黄色い帽子の子達が居るよ!お友達じゃない?」

「あー、あれは〇〇ちゃん。(ランドセル)カバーの色でわかるよ。」

とお友達の名前が出たので、

(行かせるなら今だ!)

とハイタッチで「行ってらっしゃ~い!」

 

・・・でもやっぱり戻って来ちゃいまして、結局ママと一緒に登校しました。

 

ゆっくり前に進んで行けば良いよ

まぁ、娘の性格からして想定の範囲内っちゃあそうなんで。

入学直後からの(いろいろ凄く悩んだ)約2ヶ月も事実だし。

前日、1人で登校する事に自信満々だっただけに、成長を感じて嬉しかったり、ちょっぴり寂しかったりしたんですが

すぐ慣れるだろうし、遠回りでも少しずつでも前に進めれば。

パパはガミガミマンだけど、ずーっと君の応援団だからね。

(こういうのはブログじゃなくて直接言わなきゃ伝わらないんだよなぁ~)

 

PS

始業式なんでお昼で終わるからお弁当要らないのに、前日も当日朝も持って行きたがった。

「やっぱりお弁当持って行く!」

と。

朝は自分のしか作ってなくて。

更にもう間に合わなかったし、ウチで食べれば良いだけの事と思ったので結局作ってあげなかった。

あれは娘なりの「学校に行く」スイッチ、心の拠り所だったのかなぁ。

夏休み始めました。

キャンプでの日焼けがかゆい兼業主夫改め料理担当のにこぱぱですおはようございます。

腰痛治療のため通っている整骨院の先生達はこのきっちゃない背中(画像自粛)を見て、

「うっ・・・(触りたくないなぁ)」

と思っているのでしょうか?

1学期終わりました。

小学生になって初めての1学期が昨日終了しました。

入学していきなり『行き渋り』が始まりました。

小学生の頃(トホイムカシ…)私にもちょっとした不登校の時期があって身につまされたため、学校に行かせようとするママと行きたくない娘との板挟みにどう対処したら良いのか、かなり悩みました。

この時期の前半は娘の前でも惜しげも無く、眼や鼻からお水を垂れ流しましたねw

運動会頑張りました。

『行き渋り』が止まったのは運動会参加がきっかけだったのでしょうか。

 

前日までは特に『行き渋り』が激しく、直前まで泣き叫んだりしていました。

でも(『アメと鞭』を駆使して)渋々ながらいざ行ってみると、クラスメイトと一緒に行動してる内に段々とリラックスして行き、憂鬱だった徒競走では堂々の2着。

練習ではお手本として皆の前で踊ったダンスも笑顔で楽しく出来ました。

これらが自信に繋がったみたいです。

お友達との交流も深まったのが良かったのでしょう。

その後

たまに登校メールがとんでもない時間に届いたりして胸騒ぎがしたこともありました。

(登校途中で寄り道したり、別れた後突然不安になり家に引き返したり・・・)

それでもあまり不安定になる事もなく、

親「あの『行き渋り』はなんだったの?」

「へっ?『行き渋り』?何それ美味しいの?」

と、何事もなかったかのように過ごせています。

一緒に登下校出来るお友達との寄り道など子供らしい一面も増え、このまま(『行き渋り』に関しては)特に問題なく2学期を迎えられそうです。

今日から夏休み

去年も出た地元の夏祭りでのダンスステージ。

小学校のプール開放。

夏休みの宿題。

家族揃っての初めてのママの実家への帰省。

初めてのサマースクール。

などなど・・・。

初めての夏休みはやる事たくさんあるよー!!

よく食べて、よく寝て、たくさん遊んで。

楽しく思い出に残る夏休みを全力で過ごしてください。

PS

写真たくさん撮らなきゃな親として。