娘に残すレシピ’180202【ラム肉野菜炒め】

Nicoへ

これは晩ご飯。

ラム肉野菜炒めです。

*この日君はお腹が空きすぎて、ママがお昼に食べるつもりだったビーフンとおにぎりを、パパが帰ってくる前に夕ご飯として食べたのですよ。

ラム肉とは簡単に言うと子羊の肉。大体1歳未満の羊のことなんだって。

ラム肉の特徴は

・食感が柔らかい。

・マトンに比べ匂い控えめ

対して、1歳超えるとマトンと言います。

マトンの特徴は、まぁ、ラムの反対ってとこかな。

パパはお山のおじいちゃんの影響で、小さい頃からジンギスカン(マトン)を食べていたので羊肉大好きです。

なんたって焼かないでそのまま生で焼肉のタレにつけて食べていたくらいですから笑。

(くれぐれも真似しないように!)

年末年始やGW、お山や小岩井農場で、ジンギスカン食べてたの覚えてるかな?

(ラム肉はこの頃、比較的好きなお肉でしたね)

ラム肉野菜炒め

フライパンでラム肉を弱火で焼いて、おおよそ火が通ったら人参とか玉ねぎとか、ピーマン、キャベツ、もやしなど好きな野菜投入。

野菜は硬くて火が通りにくいものから順に入れていくのが基本だけど、それぞれの食感とか味とか拘りがあるなら、焼く・炒める時間や順番は自分の好みで良いと思うよ。

最後にお好みの焼肉のタレ(市販ので十分美味い!!)で味付けを。

ラム肉は塩胡椒で味付けるよりタレの方が断然美味い!!とパパは思うんだな。

(一つ難を言うと、しっかり味付けしようとすると結構な量が必要で、出来上がりがシャバシャバになる事泣)

まぁ結局は好みの問題なんで、自分でいろいろ試してみたらいいよ。

 

↑これは昨日買った1日遅れの母の日のプレゼント。

早速使ってますね。

GWのダンス発表会の翌日からママが大阪での仕事で土曜日まで居なかったのと、帰ってきてからも朝早く夜遅かったので、ほとんど一緒に過ごせなくて、君はちょっぴりセンティメラーになった昨日の夜でした。

たまには一緒にカラオケに行って、パパの歌でまた踊ってください笑

パパより

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です